“先日、ご注文の珈琲をお席に運んだ際の出来事です。該当のテーブルの奥の方が席を外されていらっしゃったので、「そちらの方の分をお願いします。」と手前に座られている方にお願いしたのですが、何やら「???」の様子。。周りの方々も「???」私、「えっ??うん??」私、「あっ!」そこは初めから誰もお座りになっていない席だったのです。5名様のご来店でしたので、コロナ禍のため、3名様、2名様と2つのテーブルに分かれてのご利用をお願いしたのでした。そう、私が。なのに、何故か当の私が勘違いして珈琲を別のテーブルへ。「そちらの方へ」と。皆さん、びっくりしたみたいで、何か私にだけもう一人見えていたのかなと。笑って許して頂けましたが…多分、きっと、そう信じてる。断言します。見えてませんよ!大変、怖がらせてしまいその節は失礼いたしました。またのご来店を心よりお待ち申し上げております。度々、この様なことがまたあるかも知れませんが(水を人数より多く持って行くことがたまにあります)、見えてません!どうぞそんなロンロンをご愛顧宜しくお願いいたします。#恐怖体験 #失敗談 #ごめんなさい” への 2 件のフィードバック

  1. Михаил より:

    Какая же пригожая статеечка! Спасибо!

    1. sakura299 より:

      Thank you for your comment.(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。